ジャムウハーバルソープの効果的な使い方を解説!

せっかくジャムウハーバルソープを使ってみたけど、効果があまり感じられないという方は、間違った使い方をしている可能性があります。ジャムウハーバルソープの効果的な使い方について解説します。

 

ジャムウハーバルソープを効果的にするためのポイント

 

1. 泡立ちを良くする。

ジャムウハーバルソープを使われている方の中には、泡立ちが悪い、泡が全然立たないからすぐに石鹸が無くなってしまうと思っている方がいるようです。その方たちを見ていると、共通している原因の1つが水分量が多い泡を作ってしまっているということです。

泡立てる際は、石鹸とネットは十分水気を切って、固めの泡を作るようにしましょう。そうしないと泡自体が3分持たなくなってしまいます。この3分間がとても重要で、泡が持たないせいで効果が出ないという方が非常に多いのです。

 

3分間は長いから待つのがイヤだという方も中にはいるはずです。そんな方は、ジャムウハーバルソープを使用している際に髪のトリートメントも一緒に行ってしまいましょう。トリートメントにはある程度の放置時間が必要なので、この時間を有効活用してしまえば時間の節約も出来ますし、おまけに気になる部分と髪のケアが同時に出来て一石二鳥です。

また、石鹸自体が小さくて直ぐに無くなってしまうという方も、泡立ちが良くなれば改善されます。ジャムウハーバルソープは水分をあまり含まなければ少ない量でもシッカリとした泡が作れます。ですから1回で使う量は少なく済むのです。

 

実際に使われている方の口コミなどを見ると、1個で半年くらいは持つと言う方が多いですね。半年以内で無くなるようでしたら、正しい使い方が出来ていない可能性がありますので、見直してみてくださいね。

 

2. 体の部分に合わせて使用する泡の量を変える

ジャムウハーバルソープをより効果的に使用するためには、使う部位によって使用する泡の量を変える必要があります。泡の量が多ければ多いほど効果が出るという訳では無いので注意して下さいね。最大のポイントは、特に気になるデリケートゾーンの臭いの部分には泡の量を多く使って、気になる黒ずみ部分にはあまり量を使わないことです。

一瞬で泡立たないので心配になるかもしれないですが、次第に泡が出始めるのがジャムウハーバルソープの最大の特徴なのです。気になる部分に乗せて3分間泡パックを行ったら、キレイに洗い流しましょう。

 

いかがでしょうか?水分量の少ない上質な泡を作り、3分間の泡パックを行えば効果もしっかり感じられることでしょう。ぜひ、試してみてくださいね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ