ジャムウハーバルソープの成分をもっと詳しく知りたい!

デリケートゾーンの臭いや黒ずみを綺麗にしてくれると評判のジャムウハーバルソープ。だけど、肌に使うものだからこそ、どんな成分が使われているのか気になりますよね。ジャムウハーバルソープの成分について詳しく調べていきましょう。

 

ジャムウハーバルソープの成分

 

全成分は以下の通りです。

 

石けん素地/水/ヤシ油/ミョウバン/カミツレ油/アロエベラエキス/オタネニンジンエキス/植物性スクワラン/甘草エキス

 

パーム油ベースの素朴な石鹸です。昔ながらの製法で、ヤシ油を主体としています。日本の女性の肌質に合わせて製造していて、独自の成分内容なのです。汚れを洗う成分について解説します。

 

ヤシ油

一般的にココヤシのオイルを乾燥させたもののことです。無臭で、保湿や伸びの良いクリームや自然派石鹸などに多く使われています。

 

カミツレ油

肌をしっとりさせる効果があります。ハーブティー(カモミール)は、リラックス効果があります。

 

オタネニンジン

朝鮮人参、高麗人参とも呼ばれ、古くから体内に効果がある植物として用いられてきました。主にサポニン、アミノ酸、ビタミン類が含まれ、美容系商品や健康食品など幅広く使用されています。

 

甘草

甘草の根や茎から摂ったエキスです。肌荒れや顔の気になるデコボコ対策として使用されてきました。甘草はヨーロッパでは今でも甘草祭りがあるくらい、根の部分が甘いことでも有名です。

 

アロエベラ

アロエにはアロインというアロエ独特の苦み成分が含まれています。やけど、すり傷などによる外傷ダメージを抑えると言われています。

 

以上のように、肌に優しい成分が使われています。

 

ジャムウハーバルソープは絶妙なハーブの調合で効果倍増

 

厳選されたハーブをインドネシアで古くから伝わるブレンド方法で配合していて、現在もインドネシアで手作りされています。同じジャムウソープでもどの種類ハーブを使うのか、ハーブを入れる順番、素材や調合などりよりその石鹸の効果には大きな差が現れてしまいます。

しかし、ジャムウハーバルソープはハーブの力を絶妙に引き出すバランスがうまく取られているのです。料理も調味料を入れる順番で味が変わってしまうように、ジャムウハーバルソープもハーブを配合する順番や比率で効果が大きく変わるのです。

 

ジャムウハーバルソープはジャムウの専門家によって調合されており、天然のトリートメントと呼ばれるほど優れた保湿力を持つパーム油をベースに作られています。このように、臭いや肌に効果的な成分が使用されています。使用者の口コミを見ても、肌に優しいという意見が多いのが頷けます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ